講座関連メニュー

更新履歴

このホームページについて

300年以上の歴史を持つ「四日市祭」について学ぶことで、四日市の文化について考えるきっかけにしようという主旨のもと年十二回の講座を開催する運びとなりました。それに伴い、こちらのホームページから、その講座の日程・会場をお知らせするとともに、四日市の祭りに関する貴重な情報も併せて紹介したいと思います。

御諏訪神輿

Home » 黎り » 新しい黎り » 御諏訪神輿

御諏訪神輿保存会

四日市祭・諏訪神輿市街地の商店街が大四日市まつりの出し物として、昭和57年に大小の関西風神輿を製作し「御諏訪神輿」と名付けたのが始まり。その後、子ども用神輿も制作した。有志が東京の三社祭りに出かけるなどして江戸神輿の所作を学び練っている。四日市祭においてはご神体を渡御するのは西町の神輿であり、御諏訪神輿は黎にあたるが、平成9年の四日市祭復活のおりにはその機運を作った。