講座関連メニュー

更新履歴

このホームページについて

300年以上の歴史を持つ「四日市祭」について学ぶことで、四日市の文化について考えるきっかけにしようという主旨のもと年十二回の講座を開催する運びとなりました。それに伴い、こちらのホームページから、その講座の日程・会場をお知らせするとともに、四日市の祭りに関する貴重な情報も併せて紹介したいと思います。

神輿と大山車・舞獅子

Home » 神輿と大山車・舞獅子

「神輿」と「大山車・舞獅子」

四日市祭の中心的な神事は、神輿の渡御と巨大な山車である4輌の「大山車(おおやま)」の曳行でした。

神輿の渡御は西町が担当し、祭の初日(25日)にご神体を神輿に乗せ、猿田彦を先頭に楽人が舞楽を演奏し、水干姿の仕丁に担がれ、西町の御旅所まで静かに行列が進み、翌26日に諏訪神社へ還御。弘化年間(1844-48)に製作された神輿が戦災を免れ、今も西町に保管されています。また、大山車は4輌(西町・北町・濱田・新田町)ありました。大山車は4層構造の巨大な山車で、4層目には御輿が乗り、2層目の前に突き出した部分で獅子が舞われました。

四日市祭・大山車祭礼最終日の27日の本楽では、まず始めに各大山車が諏訪明神の神前に桜の造花を捧げ、お祓いを受ける「花納め」が行なわれます。花納めが終わると、社前で神徳に感謝する舞獅子が奉納され、その後、各町内の「黎物」が濱田村・四日市の順に奉納され、神前への「練り込み」が終わった後は、東海道を南濱田まで練り歩きました。

この中で、大山車は四日市祭において、最も重要な役割を果たすものであり、その創始は詳らかではありませんが、北町大山車の装飾品の中に「延宝7年(1679)」と記されていたといわれ、「享保9年(1724)」に諏訪神社から郡山役所へ提出された明細帳に「濱田より大山車二輌、四日市より二輌、他に練物少々御座候」とあることから、この時代から盛大な四日市祭が執り行われていたと推測されます。